忍者ブログ
SEARCH THIS SITE
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/16 VAPOVOR]
[06/14 minamo]
[01/09 プロキシマン]
[08/25 ebaspvmwvr]
[08/25 ipajdnibwz]
プロフィール
HN:
劇団ピロシキマン
性別:
非公開
自己紹介:
福岡を中心に活動する劇団。

代表、みかんひろし。
西新界隈で演劇的ワークショップを展開していたみかんが
2012年、ついに旗揚げを決意し、今に至る。

現在団員は
代表・作・演出のみかんひろし(1号)、役者兼制作の羽山ショー(2号)、舞台&照明のつぎやまあつし(3号)、役者兼制作の篠田昌人(4号)
の四人。
こじんまりと、しかしダイナミックに福岡の演劇界に割り込む。

2013年2月 旗揚げ公演「場末感観」上演
2014年3月 第二回公演「かくれ星」上演
2015年5月 第三回公演「現場にて」上演
2016年4~5月 第四回公演「街灯ブルース」上演

2017年4~5月 第五回公演予定!
ピロシキメルフォ
ピロシキマンへメール!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Templated by TABLE ENOCH


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category()  
今年の活動と来年に向けて
今年も残すところわずかとなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

一年が経つのは本当に早いですね。
今年のGWに行った第三回公演『現場にて』がつい最近の出来事のように感じます。
思い返せば『現場にて』は大変な公演でした。
特に足場を組んだ大掛かりな舞台装置です。
ラジェット持ってクランプ締めたのは大学時代のテント公演以来でした。
参加人数も多かったですし脚本もそうですが、なにかと器の大きな公演だったと思います。

そしてブログでの紹介が遅れましたが、客演として参加して頂いた篠田昌人さんが新たに劇団員となりました。
とても明るい性格で、なにより責任感の強い方です。頼りになります。
これでピロシキマンは四人体制となります。
しかも私は劇団内で『年下』の部類に入ることになります。
実は少しうれしいのです(笑

さて、今年の活動も残すところ忘年会だけです。
日頃お世話になっている方々と楽しくお酒を酌み交わしたいと思います。

最後に来年の活動について少しだけ。

ピロシキマン第四回公演が決定しています。

2016年4月30日、5月1日の二日間。

またゴールデンウィークにやります。

会場はピロシキマン初の甘棠館Show劇場です。

現在私は台本執筆中ですが、年明けには詳細を発表できると思います。
面白くなりそうな予感がビシビシときてますので、どうぞお楽しみに。

それでは。
少し早いですが、年末のご挨拶とさせて頂きます。

関係者の皆様、今年も大変お世話になりました。
そして公演に足を運んでいただいたお客様、誠にありがとうございました。
来年も面白いお芝居をお届けできるよう頑張っていきます。
どうぞ劇団ピロシキマンをよろしくお願い致します。


劇団ピロシキマン
代表 みかんひろし
PR
Category(劇団)  CM(0)
カムヰヤッセンの工藤さんが稽古場に・・・・・・!!
ピロシキマン2号、羽山です。

第二回公演「かくれ星」の稽古も少しずつ、しかし一歩一歩着実に進んできている今日この頃。
そんな先日の稽古場に、ナント、東京の劇団「カムヰヤッセン」の工藤さやさんが遊びに来て下さいました!!
イエーイ!

カムヰヤッセンさんといえば、最近ツイッターで私も情報をキャッチしておりました
代表の北川さんが「カブで」東京からいらっしゃる
という、誠に大それた企画を実行された劇団さんです。

50ccのミニバイク乗りの私としては、
「カブで!?・・・・・・えぇ?カブで!?」
と二度見した企画です。

そんな画期的というか先駆的というか、ちょっと途方もないなと思われる劇団さんが
わがピロシキ稽古に。

物凄く緊張していた私ですが、
めっちゃ笑顔の工藤さん。
集合写真も快く写ってくださいました。



工藤さんも笑顔だけど、八尋さんも超笑顔。

さらにカムヰヤッセンさんのDVDやTシャツ(写真で羽山が着てる)、公演の台本までいただいちゃってホクホクしてしまいました。

この後ゲキトークに向かわれた工藤さん。
ご活躍が羨ましい・・・・・・・!!

第10回公演「新説・とりかへばや物語」のご成功を心からお祈りしています。

カムヰヤッセン第10回公演「新説・とりかへばや物語」
脚本・演出 北川大輔
2014年2月22日(土)~23日(日)、ぽんプラザホールにて。
カムヰヤッセンさんや舞台の詳細はこちらの公式HPへ!!
http://kamuyyassen.daa.jp/index.html 
(劇団HP)
http://kamuyyassen10.seesaa.net/ 
(第10回公演「新説・とりかへばや物語」のブログ)

われわれピロシキマンも、アドレナリン全快!で頑張っていきまっしょい!!
Category(劇団)  CM(0)
明けましておめでとうございます
ピロシキマン2号、羽山です。

新年が明けました。
まったくもって新しい日々が始まるわけです。

私は布団を干し、シーツを変え、新しい気持ちで床についています。
別に新年にならずともやってる、日常ですが。

昨年の振り返りは代表・みかんひろしがしましたので、
一劇団員である私は、誠に勝手ながら今年のことについて語りたいと思います。

劇団ピロシキマンでは、よく自分たちを大人気漫画・ワンピースのキャラクターでいうとこの誰か、
という話をします。
みかんひろしがあてがう役には承服しかねるところがありますが、
劇団を海賊になぞらえるのは言い得て妙だと思うところです。

劇団の運営は極めてファミリーな感じがしますし、
数々の困難を乗り越えていかなければならないわけですし、
「海賊」というものの、大海と大空に洗われた陽気な(しばしば酒を飲む)ならず者集団というイメージは
「劇団」というお客様の視線に洗われ、何かと理由をつけて飲みたがる寂しがり屋集団にマッチしているようなしていないような気がしています。

・・・・・・あんまりマッチしていませんね。

劇団ピロシキマンは現在、第二回公演へ向けての航海中であります。
みかんひろしが舵をとり、みんながそれぞれの個性を最大限に活かしつつ、これからいくつもの波を超えていかねばなりません。
たどり着いた先で、私たちの冒険譚を皆様にお届けします。
聞いてくださいね。

第二回公演の情報は1月1日に公開予定でしたけど。
時はすでに3日。
えぇ、私もまた、お雑煮とかお餅とか、正月のだらけきった空気に飲まれた可哀そうな子羊の一人に過ぎないのですよ。

餅は飲んでも飲まれるなってね。

今年の話をするって言ったけど、結局第二回公演以降はまだ何にもわかんないんです。
そういう「一寸先は闇」みたいな、「やみくも」的な、「お先真っ暗」な感じ、嫌いじゃない。

こんな私(たち?)ですが、今年も何卒よろしくお願い致します。

2014年1月3日(元旦のつもりだった)
劇団ピロシキマン
制作 羽山ショー

Category(劇団)  CM(0)
今年もお世話になりました。
劇団ピロシキマン1号? の、みかんひろしです。

随分久しぶりのブログ更新です。
最近は羽山と次さんが更新してくれてたから、安心してサボっておりました。。。

さて、いつの間にか年末。今年も残すところ大晦日のみです。
早く感じますね、時の流れが。

というわけで、おそらく今年最後の更新であろうこの回で今年のピロシキマンの活動を振り返ってみようと思います。
まずはなんといっても2月に行った旗揚げ公演『場末感観。』ではないでしょうか。

人生二度目の旗揚げ。
とても緊張しました。実は緊張して小屋入ってからずっとお腹を壊していました。
私は子供のころから運動会や少年野球の大事な試合当日には必ずお腹を壊すのでした。

「ほんとあんたは気が小さかね!」

と、毎回母親に怒られるのでした。
そんな僕を見かねた羽山が余った弁当を一個くれたのでした。
出会って初めて羽山の優しさを垣間見た瞬間、『ぽんのロビーでお弁当分けてくれた事件』。
そんな弁当も全部は食べられなくて半分を大津留くんにあげたのでした。
当時はまだ外部スタッフとして『照明』をお願いしていた次さんが『舞台セット作り』で大活躍。
小屋入ってからもお弁当に一口も手を付けず、仕込みをやってくれたのでした。
その他出演者、関係者の皆様のお力添えにより、なんとか旗揚げ公演を終えることができました。

そして夏に行った第二回公演『知覧』。
秋に行った第三回公演『放生会』。

どれも思い出深い公演でした。
その合間に羽山は客演という形でいくつかの劇団にお世話になったようで。
羽山の面倒を見て頂いた皆様、本当にありがとうございました。

実は先週から来年3月に予定しております第二回公演の稽古が始まっております。
情報公開は年明け以降になります。ご期待下さい。

ええ、薄々お気づきかと思いますが『知覧』と『放生会』はピロシキマンメンバーと行った私の楽しかった思い出です。
ということは、今年は旗揚げ公演しかしていない……?
それでいいのかピロシキマン。

これでいいのだ! ボンボン バカボン バカボンボン でこぽん♪

と陽気に、時に陰気に。
来年もいい芝居をお届けできるよう、稽古に励んで参ります。

では関係者の皆様、今年一年間大変お世話になりました。
そして旗揚げ公演、羽山の出演公演に足を運んでいただいたお客様、改めましてありがとうございました。

来年もどうぞ劇団ピロシキマンをよろしくお願い致します。


2013年 12月30日(月)
劇団ピロシキマン
代表 みかんひろし
Category(劇団)  CM(0)
年末の稽古始め
ピロシキマン2号、羽山ショーです。

2号は制作兼役者です。
たまにね、どっちなのかわかんなくなります。

お金のことを考えると、眠れなくなる私はまぎれもなく制作ですし、
全然セリフ覚えてないのに舞台に立たされる夢を見てうなされる私は断固として役者です。

自分が何者なのか、わかんなくなった時は
大きく息を吸い、そして吐き、
たくさんご飯を食べて、
何も考えずに寝ます。

よくわからなくても続ける。
それが日常なのです。

さて、そんな私ども劇団ピロシキマン。
にわかに、しかし確実に始動しています。

水面下ではもう随分前から動いていましたとも。

おとといから、ついに第2回公演の座組が動き出したのであります。

今回の座組もまた、個性的なメンバーが集まっておりますからして。
没個性的な私、羽山としてはまた闘いの日々が始まりましたわね、といったところです。

喰うか喰われるか。
肉を切らせて骨を断つか。
血で血を洗うか、皿を洗うか。

闘争心むき出しな私はさながら手負いの獣。

はい、中二タイム終了。

実際は和気あいあい、
血沸き肉踊らせながらクリエイティブな日々に感謝する感じです。
あ、このフレーズにピンときた方はなかなかに奥田民生フリークでいらっしゃる。
えぇ、私も買いましたよ、O.T.come home。

そんなこんなでちょいちょい奥田民生を挟みながら、
今後の動向や稽古風景などをこのブログでお届けしようと思っています。

ちなみに、劇団ピロシキマンと奥田民生先生は全く関係ありませんから。
私がファンなだけです。
多分今日、もしくはそのうち、みかんさんとつぎーさんから
「奥田民生は挟まなくてよくない?」
とか言われるんです。

じゃあ何挟めばいいんだよ!!

というわけで、今日も稽古です。
がんばろう☆ミ

※第2回公演についての情報はもうしばらくお待ちください。
Category(劇団)  CM(0)
PREV PAGE   TOP  NEXT PAGE
Templated by TABLE ENOCH