忍者ブログ
SEARCH THIS SITE
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[07/16 VAPOVOR]
[06/14 minamo]
[01/09 プロキシマン]
[08/25 ebaspvmwvr]
[08/25 ipajdnibwz]
プロフィール
HN:
劇団ピロシキマン
性別:
非公開
自己紹介:
福岡を中心に活動する劇団。

代表、みかんひろし。
西新界隈で演劇的ワークショップを展開していたみかんが
2012年、ついに旗揚げを決意し、今に至る。

現在団員は
代表・作・演出のみかんひろし(1号)、役者兼制作の羽山ショー(2号)、舞台&照明のつぎやまあつし(3号)、役者兼制作の篠田昌人(4号)
の四人。
こじんまりと、しかしダイナミックに福岡の演劇界に割り込む。

2013年2月 旗揚げ公演「場末感観」上演
2014年3月 第二回公演「かくれ星」上演
2015年5月 第三回公演「現場にて」上演
2016年4~5月 第四回公演「街灯ブルース」上演

2017年4~5月 第五回公演予定!
ピロシキメルフォ
ピロシキマンへメール!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Templated by TABLE ENOCH


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category()  
反省会
先日、無事に反省会が終わりました。
これで『場末感観。』のすべてが終了です。
本当にみなさんお疲れ様でした。
あ、マシューさんに借りてるものありました。返さなきゃ。

反省会を終えて、僕はもっとしっかりしなきゃいけないなあと思いました。
小学生みたいな感想ですが。

もっと代表としての自覚をもたなきゃなりません。

「まあまあショーさん。細かいことは忘れてビール飲みに行こうぜ。」と言おうかな~と思ったのですが、確実に殴られると思ったので言いませんでした。

そもそもが甘え性なんですよね。僕は。
これは環境だと思うのですが、僕には姉がおりまして、姉が絶対的な権力を持ってたわけです。
父親が姉をかわいがってたので、姉の言うことは絶対で、チャンネル権も当然、姉で。

僕は子どものころから姉には逆らえないと悟っていたんでしょうか。
ずっと姉の後ろにピターとくっついて回る、そんな子供時代でありました。
これを『姉ピタ』といいます。

で、年を重ねるにつれて姉から離れざるを得なくなったときに、姉ピタでいられなくなった。
でもずっと姉ピタで生きてきてる。
当然、姉の代替を探す旅が始まったわけです。

今までも『〇ピタ』の〇の部分のお世話になった女性は多々いるのですが、どうもしっかり者の女性にピタりたがる僕がいるわけです。

簡潔に言うと、今回は羽山ショーに『ショーピタ』してしまったと考えられます。
基本、ショーピタ。
たまに、しのピタ。
どっちも冷たいときはツギーピタ。

そんな塩梅だったのではないでしょうか。

でも羽山ショーはピタがられるのを嫌ってた。
それをわかってたのでなんとかピタろうと、さりげなくピタ、そっとピタ、いつのまにかピタ、振り返ればピタがいる、そんなあらゆるピタ技を駆使してピタがろうとする僕と、ピタがられまいとする羽山とのせめぎ合い、そんな『場末感観。』だったと思われます。

実に場末ですよ。
場末とはピタがらなければ生きていけない人たちが集う場所である。

僕はそれが言いたかったのであるピタ。
ほら、ついに語尾までピタになったピタ。

書いてて段々悲しくなってきたが、反省会で羽山に言われたことは「ピタがらないで!」ということで。
今回でピタから卒業することにします。

さよならピタ。
また会おうピタ。

いや、きっと会えるよね。
場末のスナックで。

みなさん、本当にお疲れ様でした。
また会いましょう!





PR
Category(『場末感観。』)  CM(0)
PREV ENTRYTOPNEXT ENTRY
COMMENTS
COMMENT FORM
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Templated by TABLE ENOCH