忍者ブログ
SEARCH THIS SITE
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[07/16 VAPOVOR]
[06/14 minamo]
[01/09 プロキシマン]
[08/25 ebaspvmwvr]
[08/25 ipajdnibwz]
プロフィール
HN:
劇団ピロシキマン
性別:
非公開
自己紹介:
福岡を中心に活動する劇団。

代表、みかんひろし。
西新界隈で演劇的ワークショップを展開していたみかんが
2012年、ついに旗揚げを決意し、今に至る。

現在団員は
代表・作・演出のみかんひろし(1号)、役者兼制作の羽山ショー(2号)、舞台&照明のつぎやまあつし(3号)、役者兼制作の篠田昌人(4号)
の四人。
こじんまりと、しかしダイナミックに福岡の演劇界に割り込む。

2013年2月 旗揚げ公演「場末感観」上演
2014年3月 第二回公演「かくれ星」上演
2015年5月 第三回公演「現場にて」上演
2016年4~5月 第四回公演「街灯ブルース」上演

2017年4~5月 第五回公演予定!
ピロシキメルフォ
ピロシキマンへメール!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Templated by TABLE ENOCH


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category()  
出演者ブログ第13弾【中山ヨシロヲさん】
あっという間に明日が千穐楽です。
劇団ピロシキマン第5回公演、『マミー・ブルー』
ご覧頂けるのは明日がラストチャンス!!

明日のタイムテーブルは

12:00 受付開始
12:30 開場
13:00 開演

どうぞお見逃しなく!

出演者ブログもラスト。

第13弾。
アンカーは中山ヨシロヲさんです!

今回のストーリーはヨシロヲさん演じる「義夫」を巡るドラマです。

私が紹介よりするよりもヨシロヲさんの文章を読んで頂きたい。
(そして明日の最終公演をぜひご覧頂きたい…!)

今シーズンもお付き合いありがとうございました。ナビゲーターは制作補佐の山田和音でした。

劇場でお会いしましょう!

では、ラスト出演者ブログ!

中山ヨシロヲさんです!!

*******

ゴールデンウィークは、お芝居のシーズン!あ、僕にとってね。
ここ何年も、年明けに稽古を始め、ゴールデンウィークに芝居をし、放心状態でどんたくを眺める。変なルーティンになっています。

大学時代に芝居を始め、もう40年近く博多の舞台で遊んでいることになります。
10年周期で博多の演劇界が転生しているとすると3世代の人々とかかわったことになる。
東京に出て行った仲間出て生き残ってる人は大御所になってるし、バリバリ働いた人は、立派に出世してるし。いつも居場所を探し求めて私は芝居の世界へ逃げ込んで・・・・。
で、で、で、長いこと芝居をやってるが、どんな芝居をやるかに対しては、あまりこだわりがない。
ストリートプレイでもテントでもコントでも誘われたらひょこひょこ参加してしまう。
このこだわりのなさがプロでもないのに長く続けることが出来た秘訣なんだと思っております。

究極のアマチュア。

人に意見されるとすぐそうか!と意見を変えてしまうタイプの男である私は、演出家が緩いと緩い芝居、厳しくすると厳しい芝居をする。(甘えてるのか!)

自分の意見をなかなか曲げない人をみてると偉いな。すごいなと思う。
演技プランを考えて自分なりに創ってみても人に言われるとすぐそっちの芝居に変えてしまう。
作演出家の話に疑問は持たない。演出家は信用できない部分もあるが、作演出家には従うべきだと謙虚に思い続けてきた。
柔軟に事に対応できるともいえるし自分の意志がないともいえるし、このさじ加減が難しい。へたするとアンケートにも心が揺らぐ。
役を創るとき今までの人生が味方したり邪魔をしたりする。だから、心を空っぽにし、無になってから役を創る。

閑話休題
ピロシキマンと、かかわって3年。いろんな現場にかかわってきましたがなかなかいい現場である。いや相当よい現場である。まず、集まっているメンバーが素敵だ。「類は友を呼ぶ。」なのか?芝居に対する遊び心と厳しさが、いい感じで混在している。30分は肉連をちゃんとする。練習スケジュールがちゃんと稽古初日から出来ている。金銭面がしっかりしている。制作が出来すぎている。そして真骨頂、いつも結構な装置を創るのに仕込みがバッチリ出来る!この劇団はこれからどうなっていくのだろう?!興味津々。

さて、私、川の流れに逆らわず、流れのままに流されて心地よい居場所があれば、そこに居つく。
ほげほげ、ふにゅふにゅ、うだうだやってても着地点が見えてて、筋が通っていればいいじゃないか。そう、自分にいいきかせがら日々生きています。
何も成し遂げないまま、人生の黄昏を迎えている。
でも、まだ、旅の途中・・・。
お楽しみはこれからだ!


・・・・・・・・まとまりなく徒然と。

本番前夜、焦ってます。


********


総勢13名のキャストで贈るピロシキマン最新作

『マミー・ブルー』
(作・演出 みかんひろし)

この世には二種類の人間がいる
自分を傷つける人間と
他人を傷つける人間
だがその境界線は、とても曖昧だ


【ストーリー】
激しい雨の降る某日未明
路上で男の遺体が発見された
‘’彼は何故殺されたのか‘’
虚ろな毎日を生きる人々の様々な想いが交錯する、群像サスペンス劇


【出演】
篠田昌人
羽山ショー
中山ヨシロヲ
古賀今日子
大國千緒奈
中山大介
篠崎絵里
中島浩志
ERI
小湊倫子
大津留直人
石橋半零(綜合藝能座家 下衆會)
根岸美利

【公演日時】
2017年
4月29日(土)19:00終了しました。
4月30日(日)14:00/19:00終了しました。
5月1日(月)14:00/19:00終了しました。
5月2日(火)13:00〜△


【会場】
ぽんプラザホール

【チケット料金】
一般前売・・・2,000円 
学割・・・・・1,800円 
ペア割・・・・3,800円
(当日・・・・・2,500円)


★ご予約は、劇団HPメールフォームより承ります!
http://piroshikiman.wixsite.com/gekidan/blank
PR
Category(『マミー・ブルー』)  CM(0)
PREV ENTRYTOPNEXT ENTRY
COMMENTS
COMMENT FORM
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Templated by TABLE ENOCH